2007 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 06
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  負けないで    2007.05.30
今さらって感じもしますが、ZARDのボーカルの坂井泉水さんが先日不慮の事故でお亡くなりになりました。40歳だったそうです。

ZARD。言わずと知れた90年代から2000年代にかけて活躍した日本を代表するポップ歌手グループ。透き通った声と抜群のルックスで幅広い層から支持を得、出した曲は常にオリコンの上位にランクインした。にもかかわらずメディアへの露出は極端に少なく、一時は存在否定説まで流れるほどでまさに生きた伝説であった。



……紹介はこんな感じでいいとかいな?


ZARDの曲を知っているかと言われれば、メジャーなやつしか聞いたことないし、それ以外は聞いたら分かるというレベルです。
ZARDが好きかと言われれば、正直どちらでもない。僕は自分が好きな歌手の曲しか聞かなくて、周囲で流行っていたものは逆に聞かないというヒネクレタ性格の鼻垂れたクソガキだったので、むしろ好きではなかったかもしれない。
正直訃報を聞いた時も、「あ~ZARDとかおったね~久しぶりに聞いたばい」と思った。


ただ小学生の頃、僕の通っていた小学校の運動会のリレーでアンカーにバトンが渡ると決まってZARDの「負けないで」が流れていた気がする。この曲を聴くとアドレナリンが放出され交感神経が興奮し闘争心を掻き立てられていた。その経験からか今でもこの曲を聴くと無条件でその当時のシチュエーションが思い出され気持ちが高ぶり胸が熱くなる。是非陸上の試合でも流してもらいたい。マイルのアンカーとか。四パーやったらヨーイドンの直後から流して欲しい。今度i-PODに入れて試合前に聞いてみようかな??


こんな風にZARDのことを良くしらない僕にも勇気を与え励ましてくれた坂井泉水さんに、心よりご冥福お祈り申し上げます。


スポンサーサイト
  5月28日(月)    2007.05.28
今更ですけど僕は一人暮らしをしています。
大学に入学してはや3年と2ヶ月、それと同じ時間一人暮らしをしています。

この期間にいろいろな出会いや別れがありました。
この大学に来るのが、必然ではなく偶然だとしたらどれくらいの確率でこの大学に通うことになったのかな?
また、他の人、一人ひとりも同様に偶然だとしたら、大学で友達になった友人っていうのはどんな確率で出会うことになっていたのだろう。大学の友人だけではなく、バイトや部活なども含めると、それはそれは天文学的な数値にさかのぼるかもしれない。
仮に他の大学に進学していたら、今の友人とは仲良くなるどころか出会うことすらなかったと思うと、
何かすごい大切にしなくちゃいけないモノのような気がしてくる。

逆に、何十年と近所に住んでいても一生存在をしらないままの人ってのも存在するわけで、そう思うとなんか切なくなります。

10年以上来の幼なじみや、同級生という存在ですら、お互いの両親が打ち合わせなどなく同じタイミングで僕らをこの世に産み落としてくれたからこそ、存在するわけであって、ちょっとでもズレてたらこれまた出会うことすらなかったわけで。まぁそうなるまでの過程は想像したくもない事です。

大人になるにつれて自分の世界は広くなっていくのを実感する。高校生のときまでは知り合いはほとんど地元にしかいなかったのに、大学生になって、東京や遠くの大学に進学した人や就職した同輩、先輩らがたくさんいて、気づけば日本のあちこちに知り合いが点在している。そうゆう僕も来年就職して、まず研修期間として数ヶ月間東京で生活します。


何が言いたいかというと、別に言いたいことなんてありません。たまたま大学の研究室にて自分の日記のページを開いてて「今日もなんか書こうかいな~」と思って最近の愚痴とか、今金欠だ!とか、ホークス大好き!とか、今日寝坊したぜ!とか、いつも通りくっだらない事でも書こうかと思っていたのに、気づけば違うことをだらだらと書いてしまい、この流れで別の話題に移行するのは相当な文章テクニックを有している人でない限り不自然な日記になってしまい、僕にはその才能がないのでやめときます。
よってオチはありません。なかとですたい。

  続・ヒゲノバス    2007.05.24
僕にはヒゲを伸ばしたい願望があり、一週間ほど剃ってなかった。だが昨日、バイト先の同僚である3つ下の現役女子高生ギャルに「ガッチ(バイト先での僕の呼び名)ヒゲ伸びてる~汚~いオヤジみた~い」と言われたので、家に帰って剃りました。

やっぱ似合わない事はやめよう・・・
  ヒゲノバス    2007.05.21
最近、ヒゲを伸ばしてみたいと思っている。
今まで何度かチャレンジしたが、いい感じのところでバイト先の店長から「剃ってこい」といわれる。飲食店やけんね。でも何で飲食店はヒゲだめなん?ただの常識?それとも不潔な印象があるとか?まぁそれに必死なわけでもないし、言われたら剃るけど。
とゆうかヒゲ自体伸びにくい体質みたいやけん、一週間くらい放置してもそんな目立たんけど。
社会人になったらできないだろうから、学生のうちに一度好き放題伸ばしてみたい。



そういえばこの前ホークス戦を観に行った時に、元から所有していたハッピ(2005年版)を持って行き、それ以外で特に応援グッズは持っていなかったので、ドームに着いた後にTシャツ(47番:SUGIUCHI)を購入し、さらに別に購入した応援5点セットの中にハッピ(2006年版)が入っていて、今日はファンクラブのプレゼントのレプリカユニフォームが届いた。

ハッピ×2、Tシャツ、ユニフォーム。
あとメガホン×2、うちわ、手につける黄色のやつ、ハリーホーク人形、ピンバッジ、会報。

全部部屋に飾ってあり、キモイくらいホークスをアピールしてます。試合観に行く前にユニフォーム届けてほしかった。

ぜひ誰かホークス戦観に行きましょう。誘ってください。
または行く人で応援グッズがないって人は言ってください。無料で貸します。

  オリックス戦    2007.05.16
昨日福岡ドーム行ってきた。
ホークス戦はこれで生涯4試合目です。
熱狂的ホークス信者と周りに豪語している割には意外と試合は観に行っていない、そんな似非野郎な僕です。

いやー生観戦は最高やね!試合は勝つし小久保はホームラン打つし杉内は完投するし、チアはエロ可愛いし勝利の花火はうっせーし!!
やっぱテレビゲームや本や新聞なんかで観るよりも実際にスタンドで観るのが一番!!
ホームランの瞬間とか思わず飛び上がったもんね!俺だけじゃなくてスタンドにいるファン全員が!
俺はライトスタンドやったけん、松中のホームランにも期待してたけど、守備につく柴原の背中を間近で見れたけん満足たい。
ホークスがある県に生まれて良かった☆

ぜひ今年中にまた行こうと思う。あと2,3試合は行きたい!
ドームもいいけど、7月にある北九州市民球場での野外戦も見てみたい。


  教師    2007.05.08
昨日、初☆家庭教師だった。
担当は中一の男の子です。
中一のレベルに逆に戸惑ってしまった。
数学、英語は中一のこの時期だからまだ簡単だけど、国語の漢字は難しいと思った。大学生でも書けないやつが多いんじゃない?

家庭教師をする子の学力は大抵は平均以下が多い…って聞いてたけど、意外と優秀な子で教える事があまり無かった。


家庭教師は楽です。
責任も大きいけど。
自給は高いけど、90分を週に1,2回だけだから、本当に小遣い稼ぎといった感じです。


GTO(グレートティーチャーオガタ)になれるように頑張ろう。
でも家庭の保護者の方から「先生」と呼ばれるのが恥ずかしかったから止めてほしい。

  GW    2007.05.03
ゴールデンウィーク真っ盛りです。
今年の僕はなんと9連休。
大学4年は自分の時間がたっぷりあって、実にいい。
今だけかもしれんけど。

今年のゴールデンウィークは実家に帰らずに北九州にいます。
まぁ4年目やし、春休みもちょっと帰ったし、最近親とも電話で話したし、バイトも忙しいだろうし、いいかなぁと思って残っています。
でも、来年は社会人でなかなか帰れないかもしれないから、今年帰っとけば良かったなとも思っています。地元の友達にも逢いたいし。
お盆には帰ろう。


今年のゴールデンウィークは28日の新入生歓迎会でスタートしました。
年々新入生の一発芸のクオリティが高くなっていて、2年前の自分を思い出したら超恥ずかしくなりました。あーあー。
この日はオールでカラオケで、前半にはしゃぎ過ぎたせいで、4年目にしてカラオケで初めて爆睡しました。オールはきつい。

そして朝帰りした29日の夜は兄、いとこと香椎で飲みました。同い年の大学生のいとこはまだ就職活動しておらず、余裕みたいでした。
そして30日は前バイトの先輩らと飲みました。やっぱりオ○ドメンバーはアツい!!そしてビリーズ・ブートキャンプが欲しい!!
1日はバイトでしたが、夜中に陸上部のバイク5人衆が押しかけてきました。楽しそうだったなぁ。
そして今日は陸上部の先輩が北九州に帰ってこられているということで、小倉で飲みました。


・・・飲み過ぎw
最近は昼夜逆転生活になりつつあります。そろそろ正常に戻さんといかんと思いつつ、今午前4時(汗)

今月からは家庭教師をすることも決まったし、摂生せないかんとです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。