2007 081234567891011121314151617181920212223242526272829302007 10
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  昨日は夜遅くまでジョイフルで。    2007.09.27
そろそろ長かった夏休みも終わり、部活の引退も目の前に迫ってきて、この夏を振り返ったらよう走ってたと思います。

足の裏の痛みはとれませんが、もう休む暇はないですからね、様子を見つつ自分の限界ぎりぎりの所で走れていると思います。
あと2週間ちょっと。
今からこげん緊張するとは初めてです!
やばすやばす~


そういえば最近陸上部の皆さんは練習後にまっすぐ帰らずに、よくご飯食べに行ったり、よく遊んだりしてますね。
4年生中心に。
やっぱ皆さびしかとやろうね。
もうすぐ引退やけん限られた時間をできるだけ仲間と共に過ごしたい…
もちろん僕も例外ではありません。

去年の先輩達も4年生になられてから、日に日に仲の良さがパワーあっぷしているように見えた。
一致団結オーラみたいなのが見えて、何かうらやましかった。

そして今年の4年生も他の学年からよく、「仲良しでうらやましいです」的な事を言われて、とても嬉しいです。
卒業してからも集まりたいです。無事卒業できれば!汗


話は飛躍したけど、まずは2週間後!
うまい酒を飲めるように頑張るけん!
のしあがっちゃるけん!

あ!シゲさん誕生日おめでとう!

   by 重さん後援会「重の会」折尾支部代表より。


スポンサーサイト
  ギター。    2007.09.21
19日に陸上の強化練(2部練&BBQ&スーパードッジ大会)があった。
そしてその後4年生+あな○い君で、や○と君のうちで飲み会しました。
実はや○と君のうちは初めてだったんですがとても綺麗でおしゃれなお部屋でした。
そしてや○と君が意外と音楽界に精通している人物だという事にも気づきました。
(知らなかったの俺だけ~)

そんなや○と君の部屋にあったギターを少し触らしてもらいました。
この感触。
実は僕も過去にギターを所持していました。
中学時代に兄から譲り受けたエレキギター。
布袋寅泰やhideにハマっていた当時、それはもう極めてやろうと意気ごんでいたんですが、不器用な僕はすぐに諦めてしまい、結局1曲もろくに弾けないまま部屋のオブジェになってしまいました。

それからは年に2、3回くらい「…ギター弾きてぇ!」と無性に思う周期が来てはすぐやめる、という繰り返しがきて、大学2年次にはついにバイトの先輩に手放してしまいました。(兄に無断で)

それから月日は流れ、昨日久々にギターを手に持ってみると、

「…ギター弾きてぇ!」

という衝動に駆られてしまい、気づけば一心不乱にCコードをかき鳴らしていました。(Cコード:最も基本的で誰でもすぐに覚えられる最も簡単なコード。)

や○と君に手取り足取り教えてもらっているうちに、今なら飽きずに続けれるんじゃないかという気がして、部活引退したらギタリストになろうと決心しました。

でも今ギター持ってないし、どれくらい金がかかるかも分からないし、老後(部活引退後)の趣味としてやるにはまず何から始めればいいかわからんので、しばらく、や○と君のうちに通う事にします。

夢は武道館。


  懇親会    2007.09.18
内定者懇親会の案内が届いた。
というわけで10月4日に東京に行ってきます。


ふと思ったけど、就活を終えてもう半年近い。
改めて、今日まで早かったなぁと思う。
毎日のように福岡市内まで通い、東京にも行ったりした。
今となってはものすごい昔の事のように思えてくる。

早く決まりすぎたせいか、懇親会の連絡が来るまで、来年から自分が働くという事を真面目に考えたことは一度も無かった。
もちろん妥協したつもりは無い。
でも実際に働いてみないと本当に自分にあった会社なのか分からないとも思う。
実際に就職している先輩や同輩の話を聞いたりするとなおさら。

懇親会には来年から同じ会社で働く同期の人間が全国から集まってくる。


いい人に出会えたらいいな。

可愛いこがいたらいいな。




  土産話。    2007.09.11
ご飯

ホテルからの風景

釜山タワー


昨日韓国(釜山)から帰ってきました。
なんだかんだあったけど面白かったです。
船3時間はつらかったけどね↓

ところで韓国ってどういうイメージがあります?

僕はですね、大して日本と変わらないだろうといったイメージでした。

しかし、行ってみるとそこはやっぱり外国でした。
まず正直な第一印象が「小汚い」でした。
空気が臭いし、道端にゴミが落ちまくっているし、偽ブランドを堂々と売っているし、福岡も結構都会(ちなみに釜山は韓国第2の大都会です。)やけど、福岡(&日本の都市)がいかに綺麗な街で、環境問題に敏感かというのがわかりました。

だからと言って、着いていきなり嫌になったわけではないですよ?
そういうところも外国らしさと思えば、旅のテンションは高まる一方でした。
買い物では客にかなり強引に買わせようとする所や、車は右側通行な部分や、タクシー初乗り180円だけど適当な接客&超荒い運転、原チャはノーヘル、人は信号無視当たり前、さらには車さえも信号無視当たり前、そんな部分もひっくるめて日本と違いすぎて、見ていて面白かったです。
日本やったら捕まっとるぞ!

街の雰囲気としては綺麗に整理された通りもあれば、超ゴミゴミした商店街、羅列している屋台など、僕的には好きな雰囲気でした。
日本でいうと大阪の街みたいな感じかな?活気に溢れた街でした。人も多かったしね。

夜ご飯は繁華街の、とあるお店で食べました。
が、さすが韓国。
激辛!
頑張って食べたけど、口の中が激痛でした。

帰りにお酒と屋台でツマミになりそうなものを買って、ホテルで優雅な時を過ごしました。
ホテルでは初カジノを経験しました。すぐ負けてしまいましたけど。

そして翌朝、オナカを壊してしまいました。
たぶん夜食った屋台のやつ。せっかくの朝ごはんが二口くらいしか食えんかった。
ガイド本にも衛生面には問題あるから気をつけようって書いてあったのに…

でも親切な人(日本人)が薬をくれたので、すぐ治りました。カムサハムニダ!
二日目は竜頭山公園というところに行って釜山タワーを見てきました。

いろいろありましたが、初の海外だったけど、釜山では日本語が普通に通じたので海外初心者には良い場所でした。
もしまた行く機会があれば是非行きたいなぁと思います。
やっぱ世界は面白いです!!


<写真の説明>
上…夜ご飯。とにかく辛い。いや、痛い。
中…宿泊した釜山ロッテホテルの22階から。かなり豪華なホテルでした。
下…釜山のシンボル、釜山タワー。
携帯の写メでとったので画質は悪いです。あしからず。


  夏旅。    2007.09.09
明日・・・というか今日から!

韓国行ってくるニダ!


明後日には帰ってきますが、いよいよ世界デビューする日がやってきたけん、興奮して夜中なのにビンビンです!

気が向いたらお土産買ってくるんで期待してて下さい。


じゃあ・・・イプグルルジャルモッドゥロガッソヨ!
  帰ってきました。    2007.09.03
昨日無事に合宿から帰ってきました!
学生最後、というか人生で最後になるだろう陸上合宿ということもあり、最終日の夜はちょっぴり淋しい気持ちになりました。

今回は大分大学、長崎大学との合同合宿でした。
短距離ブロックは「考える合宿」というテーマで、とことん追い込むというよりはビデオ撮影したりタイムトライアルしたりと、量より質重視といった合宿でした。


ところで僕自身としては合宿前から足の裏を傷めてて全力疾走ができない状態でした。
しかし、最後の大会まであと少ししかない事や、周りの人達に比べ走力が劣っている事実から、合宿前半は皆の練習についていこうと自分の中で追い込んでしまいました。
その結果途中からどうしても痛みに我慢できなくなってしまい、故障者組に入ってしまいました。

ただ故障者組に入ったとはいえ、いつもなら筋トレして早めに上がったりするのですが、そこは「考える合宿」ということなので、他人の練習を考えながら見たり、他大学の方が故障者用のメニューを考えてくださったのでそれをこなしたりしました。



この合宿では一つ、思い知らされることがありました。
それは他大学との陸上に対する意識の違いでした。
結論から言えばウチの部ではそれが低い。
もちろん頑張っている人もいるから、そう断言してしまうのはその人達に失礼な事ですが、少なくとも僕自身が甘いと感じて恥ずかしくなってしまいました。

北九大だけのミーティングでもその辺が話題の中心になったと思います。
北九大は部の雰囲気はすごい良いと思います。合宿中も食事の時間は他大学は男女別の机で食べていたのに対してウチは男女一緒になって食べたり、練習中もまとまってアップしたりしてて、ささいな事かもしれないけど「家族」だなぁと感じました。
ただ合宿の参加率や、不参加の理由を聞いたりすると、疑問に思うものがありました。
そんな中で現役で続けている4年生の参加率は100%だったのは凄く嬉しかったです。


まとまりのない日記になってしまいましたが、「考える」というように身体面よりも精神面で得るものが多かった良い合宿になりました。

全力で陸上をできる時間というのは残り限られてきたので、得たものはトラックでしっかり返したいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。