2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  帰ってきました。    2007.09.03
昨日無事に合宿から帰ってきました!
学生最後、というか人生で最後になるだろう陸上合宿ということもあり、最終日の夜はちょっぴり淋しい気持ちになりました。

今回は大分大学、長崎大学との合同合宿でした。
短距離ブロックは「考える合宿」というテーマで、とことん追い込むというよりはビデオ撮影したりタイムトライアルしたりと、量より質重視といった合宿でした。


ところで僕自身としては合宿前から足の裏を傷めてて全力疾走ができない状態でした。
しかし、最後の大会まであと少ししかない事や、周りの人達に比べ走力が劣っている事実から、合宿前半は皆の練習についていこうと自分の中で追い込んでしまいました。
その結果途中からどうしても痛みに我慢できなくなってしまい、故障者組に入ってしまいました。

ただ故障者組に入ったとはいえ、いつもなら筋トレして早めに上がったりするのですが、そこは「考える合宿」ということなので、他人の練習を考えながら見たり、他大学の方が故障者用のメニューを考えてくださったのでそれをこなしたりしました。



この合宿では一つ、思い知らされることがありました。
それは他大学との陸上に対する意識の違いでした。
結論から言えばウチの部ではそれが低い。
もちろん頑張っている人もいるから、そう断言してしまうのはその人達に失礼な事ですが、少なくとも僕自身が甘いと感じて恥ずかしくなってしまいました。

北九大だけのミーティングでもその辺が話題の中心になったと思います。
北九大は部の雰囲気はすごい良いと思います。合宿中も食事の時間は他大学は男女別の机で食べていたのに対してウチは男女一緒になって食べたり、練習中もまとまってアップしたりしてて、ささいな事かもしれないけど「家族」だなぁと感じました。
ただ合宿の参加率や、不参加の理由を聞いたりすると、疑問に思うものがありました。
そんな中で現役で続けている4年生の参加率は100%だったのは凄く嬉しかったです。


まとまりのない日記になってしまいましたが、「考える」というように身体面よりも精神面で得るものが多かった良い合宿になりました。

全力で陸上をできる時間というのは残り限られてきたので、得たものはトラックでしっかり返したいと思います。


スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://tokusen21.blog64.fc2.com/tb.php/136-5a87419a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。