2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11
  スポンサーサイト    --.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  「嫌われ松子の一生」を読んで    2007.01.10
嫌われ松子の一生 (下) 嫌われ松子の一生 (下)
山田 宗樹 (2004/08)
幻冬舎
この商品の詳細を見る


↑前回も書きましたが、読み終わりました。1週間くらい前に。

ネタばれになるかもしれないんで、見たくない人はスルーしてください。


感想は・・・あまり面白くありませんでした。(汗)
よくよく考えるとこの主人公、かなりありえないです。
まぁ普通の人の話を小説にしても面白くもなんともないと思うんですが、こんなこといっては作者に失礼かもしれませんが人物描写が下手な気がした。
次から次にすぐ別の人を好きになっては、幸せになれずに転落人生街道まっしぐらの主人公の人生を書いた作品なんですが、短絡的すぎる展開で読んでる途中に何度も「え?」と思うような半ば強引で無理のあるストーリーのような気がしました。ドラマや映画でなく原作なんだからその辺をもっと詳しく書いて欲しかったです。

なんてゆうんでしょうか。
評論家でもないし、国語の成績の平均が3だった俺が言うのもあれだけど、読み進めていくにつれて特に大きな変化もなく同じことの繰り返しで、でも一応ドラマ化されたほどの大作なんだろうからきっとドラマティカルな展開になっていくのだろうと思っているうちに読み終えてしまい、味気ないとゆうか、もう二度と読み返さないだろうな。

俺は「あくまでも小説だから」と言ってあまりに非現実的なことを書かれても受け入れきれずに、ある程度のリアリティを求めてしまうタイプで、一般の人とはズレた感覚をもっているから、機会があれば是非読んでみてください。そして感想を聞かせてください。
おススメしてないワケではありませんよ?


あ、でもこの作品は実際にいた人物をモチーフにしたとか聞いたような・・・そうとなるとかなりのリアリティ溢れる作品だったのかな?

スポンサーサイト

Secret

TrackBackURL
→http://tokusen21.blog64.fc2.com/tb.php/72-1f166223
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。